突然の膝痛み鵞足炎(がそくえん)セルフケア

中野富士見町、中野新橋、新中野、東高円寺 近くで三年以上治らない腰が痛い、肩が痛い、膝が痛い、肩凝り、坐骨神経痛の施術をしております、きしもと整骨院です

ブログをご覧いただき、ありがとうござます。

昨日は鵞足炎の症状について簡単に書きましたが今日は鵞足炎の原因からセルフケアでの解消法について書きます。

鵞足炎の原因を申し上げる前に膝の痛みの出る場所を簡単に見てみましょう。

膝の痛みと一口に言ってもこんな狭い部分でこれだけの痛みが出る部分があります。鵞足炎は11番の部分ですが

その他部分は靭帯、軟骨、筋肉、神経からくるもの本当に様々です。


膝関節は、ただ脛骨の上に大腿骨がのってるだけの関節です。肩も同様に非常に稼動域が広い為、様々な障害を起こしやすくなっています。また関節を支えるほとんどが筋肉や靭帯で構成されて居ます。


その為、運動のしすぎ、運動不足、加齢、労働内容、外反母趾や体重の増加による荷重の偏り、足首や股関節の柔軟性の低下、筋肉の衰えによる関節の動揺性など様々な条件で問題の起こしやすい関節です。

ここで、こんな方がなりやすい足の向きに関して見てみましょう。

意識しないで見てください。 

足先の向きが外側に倒れています。

また、次の写真では左側が余分に倒れています。

これは、どちらもお尻の筋力が低下しているため本来と違う関節の広がりを見せています。

残念な事にこれは、膝周りの筋肉が本来の筋力が出せていません。


次にセルフケアについてです。

セラバントと言ってゴムが帯状になっているエクセサイズバンドを使用します。

10段階の硬さがあり柔らかい方から1番目か2番目のかなり柔らかい物を使います。

次に運動ですが

バンドを結んで輪を作り両足首のくるぶし辺りにバンドを掛けます。

そして内側に倒して、広げて10秒キープ。10回を3セットやって下さい。

10秒休んで10秒キープ

次にバンドの人結び目をタンスの中に入れて引き出しを閉めます。


同じく10秒間内側に倒してキープ


これでお尻の筋肉トレーニングになり

お尻の筋肉がしっかりして足先が外向きにならないようになり。

かならずゆっくり動かして下さい。

きしもと整骨院 丸の内線中野富士見町3分腰痛、肩凝り、むち打ち、ギックリ腰、寝違え、慢性痛は自費治療です。保険治療は捻挫、打撲、脱臼、骨折(交通事故、労災は治療費無料)

丸ノ内線中野富士見町で、20年間五十肩、ヘルニア、脊柱管狭窄症の患者様を専門的治療させて頂いています。ぎっくり腰、肩凝り、テニス肘、膝が痛い、寝違い、シビレを筋膜リリースや整体治療を自費にて行っております。 東京メトロ丸ノ内線「中野富士見町駅」徒歩3分 交通事故、労災、損保、健康保険取扱(捻挫、肉離れ、打撲、脱臼、骨折のみ健康保険取扱い) 慢性痛の治療は自費負担です。 きしもと整骨院