ぎっくり腰になる前のセルフケア

中野富士見町、中野新橋、新中野、東高円寺 近くで三年以上治らない腰が痛い、肩が痛い、膝が痛い、肩凝り、坐骨神経痛の施術をしております、きしもと整骨院です

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

昨日の後脛骨筋に続いて今日は骨盤の向きに関わりの深い筋肉をケアする方法を書いて見ます。

長時間の座り姿勢の為硬くなりやすい筋肉

大腿筋膜腸筋(だいたいきんまくちょうきん)です。この筋肉が硬く伸びにくくなると立ち上がる時に骨盤が正しい真っ直ぐに立たずゆっくりでしか伸ばせなくなります。

小さな筋肉ですが大変重要な筋肉です。

ケアの方法ですが

揉むというより皮膚をゆっくり伸ばすイメージで上下に動かして見て下さい。1分半ぐらい、緩んだら終わりで構いません。

立ち上がった時に身体がピンと真っ直ぐな感じがしますよ。立ち上がりも早くなった気がしますよ。

明日もぎっくり腰のケアの方法について書きます。

きしもと整骨院 丸の内線中野富士見町3分腰痛、肩凝り、むち打ち、ギックリ腰、寝違え、慢性痛は自費治療です。保険治療は捻挫、打撲、脱臼、骨折(交通事故、労災は治療費無料)

丸ノ内線中野富士見町で、20年間五十肩、ヘルニア、脊柱管狭窄症の患者様を専門的治療させて頂いています。ぎっくり腰、肩凝り、テニス肘、膝が痛い、寝違い、シビレを筋膜リリースや整体治療を自費にて行っております。 東京メトロ丸ノ内線「中野富士見町駅」徒歩3分 交通事故、労災、損保、健康保険取扱(捻挫、肉離れ、打撲、脱臼、骨折のみ健康保険取扱い) 慢性痛の治療は自費負担です。 きしもと整骨院