ぎっくり腰になる前のセルフケア4

中野富士見町、中野新橋、新中野、東高円寺 近くで三年以上治らない腰が痛い、肩が痛い、膝が痛い、肩凝り、坐骨神経痛の施術をしております、きしもと整骨院です

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。


今日もぎっくり腰になる前のセルフケア4回目です。ぎっくり腰になる前の段階では太ももの外側、腸脛靭帯の硬さが判断材料になります。

 太ももの前後の筋肉の外側の動きに影響します。

太ももの筋肉だけで無くお尻の筋肉とも繋がっており、お尻の筋肉は腰の筋肉へと繋がっています。

従ってこの靭帯の硬さが解れればお尻

腰の筋肉も緩んでくれます。


そこでケアの方法です。

白い線の下側に硬さや痛みを感じるところが固まっているところです。

ここをかばっとつかんで前後に動かします。1分程動かすと緩んで柔らかくなります。なかなか解れない場合は膝を曲げたり伸ばしたりしながら行って

下さい。

きしもと整骨院 丸の内線中野富士見町3分腰痛、肩凝り、むち打ち、ギックリ腰、寝違え、慢性痛は自費治療です。保険治療は捻挫、打撲、脱臼、骨折(交通事故、労災は治療費無料)

丸ノ内線中野富士見町で、20年間五十肩、ヘルニア、脊柱管狭窄症の患者様を専門的治療させて頂いています。ぎっくり腰、肩凝り、テニス肘、膝が痛い、寝違い、シビレを筋膜リリースや整体治療を自費にて行っております。 東京メトロ丸ノ内線「中野富士見町駅」徒歩3分 交通事故、労災、損保、健康保険取扱(捻挫、肉離れ、打撲、脱臼、骨折のみ健康保険取扱い) 慢性痛の治療は自費負担です。 きしもと整骨院