腰痛、肩凝りは筋肉を柔らかくすればいいのか?

中野富士見町、中野新橋、新中野、東高円寺 近くで三年以上治らない腰が痛い、肩が痛い、膝が痛い、肩凝り、坐骨神経痛の施術をしております、きしもと整骨院です

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今日は凝りや痛みが出てるところを柔らかくすればいいのかについて書いてみたいと思います。

マッサージ、気持ちがいいですよね〜

自分もマッサージ受けるの大好きです。^_^

しかし、柔らかくすればいいのかと言うと、そうとばかりは言えません。

筋肉は適度な張りがあって本来の力が出ます。

痛みや、凝りを感じる部分で

固まってガチガチなら普通の状態に戻すぐらいならいいのですが、長い時間局所的にマッサージを受けると交感神経が興奮してかえって血管が収縮し血行が悪くなってしまいます。


また、緩めすぎた事で本来の筋力を出せなくなってしまいます。

最近は強力に筋肉を柔らかくする治療器具もあり、治療を受けた後強烈なダルサで2、3日辛かったと仰る方も居ます。

また、硬くなっているのが全て凝りだと思うのは間違えで筋力低下の為や筋肉の萎縮によって問題が起こってる場合はほぐすよりも筋力トレーニングで筋力をアップする方が効果的です。

この様な筋肉の低下に対して局所麻酔

などの治療は薬が効いてる時は良いのですが薬の効果が低下するとまた同じ痛みが出てきます。


長期間痛みや凝りの状態が続く場合や

何軒も治療を受けたが良くならい場合


ちゃんと筋力検査やきちんと症状を診察してくれる医療機関を受信することをお勧めします。

画像だけで判断したり、ただ話しを聞いていきなり治療する医療機関はちょっと別の医療機関を受診した方が良いです。

きしもと整骨院 丸の内線中野富士見町3分腰痛、肩凝り、むち打ち、ギックリ腰、寝違え、慢性痛は自費治療です。保険治療は捻挫、打撲、脱臼、骨折(交通事故、労災は治療費無料)

丸ノ内線中野富士見町で、20年間五十肩、ヘルニア、脊柱管狭窄症の患者様を専門的治療させて頂いています。ぎっくり腰、肩凝り、テニス肘、膝が痛い、寝違い、シビレを筋膜リリースや整体治療を自費にて行っております。 東京メトロ丸ノ内線「中野富士見町駅」徒歩3分 交通事故、労災、損保、健康保険取扱(捻挫、肉離れ、打撲、脱臼、骨折のみ健康保険取扱い) 慢性痛の治療は自費負担です。 きしもと整骨院