足裏を柔らかくしょう

中野富士見町、中野新橋、新中野、東高円寺 近くで三年以上治らない腰が痛い、肩が痛い、膝が痛い、肩凝り、坐骨神経痛の施術をしております、きしもと整骨院です

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今日は足の裏をほぐそうです。

足の裏って皆さんあんまり気にして無いと思いますが足の裏の柔らかさってとても重要なんですヨ。


足の裏が硬いと足をちゃんと着いて歩かなくなります。

すると小指側の方にばかり体重をかけて歩くので足首が内側に入った状態になり外足荷重の為膝や股関節周りが緊張して腰痛やお尻、膝の痛みが出てる事があります。


また、足首の関節には自分がどの様に立っているかを認識するセンサーの役目をしている神経がありますので曲がって立っている事が正しいと認識してしまうので変な歩行が正しいと認識されてしまいます。


出来るだけしっかりと足裏に体重が乗った歩行をする事で脚全体が満遍なく働き血液が押し上げられてフクラハギの筋肉も均等に使われてスムーズに歩けます。


そこで、足の裏をほぐしましょう。

ボールを使って足の裏を柔らかくします。

用意するのはボール小さいもの直径3センチから5センチくらいのものが良いですね。

当院では青森のヒバの木を使っています。

(お風呂に入れる為のもの)

ゴム製のスーパーボールなんかでもいいです。ゴルフボールでも構いませんが硬すぎると足の裏の血管を傷めてしまいますので

少し柔らか目の方がいいです。

まずは土踏まずから足の指の付け根まで矢印の方向に各10往復。

次に真横にゴロゴロ
各10回左右に
最後にボールを赤丸の箇所で踏んでください。10往復

これなら自宅で手軽に出来ます。

やる前とやった後の違いを比較してみてくださいね。

きしもと整骨院 丸の内線中野富士見町3分腰痛、肩凝り、むち打ち、ギックリ腰、寝違え、慢性痛は自費治療です。保険治療は捻挫、打撲、脱臼、骨折(交通事故、労災は治療費無料)

丸ノ内線中野富士見町で、20年間五十肩、ヘルニア、脊柱管狭窄症の患者様を専門的治療させて頂いています。ぎっくり腰、肩凝り、テニス肘、膝が痛い、寝違い、シビレを筋膜リリースや整体治療を自費にて行っております。 東京メトロ丸ノ内線「中野富士見町駅」徒歩3分 交通事故、労災、損保、健康保険取扱(捻挫、肉離れ、打撲、脱臼、骨折のみ健康保険取扱い) 慢性痛の治療は自費負担です。 きしもと整骨院