ちゃんと座骨で座っていますか?

中野富士見町、中野新橋、新中野、東高円寺 近くで三年以上治らない腰が痛い、肩が痛い、膝が痛い、肩凝り、坐骨神経痛の施術をしております、きしもと整骨院です。

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。


今日はちゃんと座骨で座る事で腰痛や肩凝り、背中の痛みがとれる

座骨で座るについて話しをします。

「座骨」まさに字の通り座る骨です。

上の写メは骨盤を背中側から撮影したものです。赤丸が座骨、青丸が尾骨です。分かりにくいので横からの写メを

みて見ましょう。

これは座骨を横から撮影したものです。座骨はお尻を椅子に座った

時にちゃんと座りがいい形をしています。赤丸のところが椅子の座面に落ち着くようになって居ますが、太ももの裏の筋肉が硬くなったり、骨盤が後傾になると腹筋が緩んでしまい腹圧が上手くかからない状態だと青丸の尾骨の辺りで座る事になります。

その為、背中側の筋肉は余分に働かなきゃいけなくなり。

腰、背中の筋肉が腹筋に代わって

働いて背中側がカチカチに固まってしまいます。

そうなると首をやむ終えず前に出さなくてはならなくなりストレートネックになってしまいます。

辛い肩凝り、頭痛の出来上がりになります。もちろん、腰痛もです。

座骨がちゃんと椅子の座面にのっているかを気をつけるだけでも

腰痛や肩凝り、頭痛が改善につながります。

身体はお互い協調して働いています。

座骨を意識してみて下さい。


きしもと整骨院 丸の内線中野富士見町3分腰痛、肩凝り、むち打ち、ギックリ腰、寝違え、慢性痛は自費治療です。保険治療は捻挫、打撲、脱臼、骨折(交通事故、労災は治療費無料)

丸ノ内線中野富士見町で、20年間五十肩、ヘルニア、脊柱管狭窄症の患者様を専門的治療させて頂いています。ぎっくり腰、肩凝り、テニス肘、膝が痛い、寝違い、シビレを筋膜リリースや整体治療を自費にて行っております。 東京メトロ丸ノ内線「中野富士見町駅」徒歩3分 交通事故、労災、損保、健康保険取扱(捻挫、肉離れ、打撲、脱臼、骨折のみ健康保険取扱い) 慢性痛の治療は自費負担です。 きしもと整骨院