意外と間違えてる高齢者の杖のつき方


中野富士見町、中野新橋、新中野、東高円寺 近くで三年以上治らない腰が痛い、肩が痛い、膝が痛い、肩凝り、坐骨神経痛の施術をしております、きしもと整骨院です。

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。


皆さんのお母様、お父様で杖をついていらっしゃる方がいるかと思いますがかなりの割合で間違えたつき方をされています。

杖をつき始めてから手首、肩、肘の痛みを訴えて来院される方も多くいらっしゃいます。

中には、サイズ(高さ)が身長に合っていない方も少なくありません。

手を伸ばして杖をつくと肘、手首に負担がかかり痛みが出ます。


また、長過ぎの杖は肩が上がりますので肩の痛みや、ついてる方と反対側の腰や膝が痛くなったりします。

正しい杖は高さは骨盤の前側の一番高いところに持ち手が来る。

杖の持ち手を骨盤に当てて支える。

(身体から離さない)

杖側の足を一緒に出して歩く。

最近は医療機関で杖は出してくれるのですが、つき方を指導してくれるところは少ないです。正しいつき方で具合よく歩けるといいですね、ご家族の方がちゃんと杖をついているか見てあげて下さいネ。




8888888888888888888888888888888
私の治療させて頂く事への思い。
私が病院勤務をはじめた昭和60年代は
今の様にMRIなどの高度な診断機器などは無く患者様の話しを伺ったり、身体を動かして機能をみたり、身体の硬い部分を触診するといった「見る、聞く、触る」が当たり前でした。残念ながら現代は画像診断が主流になり、電子カルテの導入により事務作業が煩雑だったり、高齢者が増えて受診者数が増大し1日1人の先生が100人の方を診なければならずその結果急いで次の方を診察しなければならず「見ない」「触らない」「話しを聞かない」をせざる得ない状況です。
また健康保険などの財源が少なくなり効果が出るのに時間のかかる医療は切り捨てられています。例えば、以前は時間掛けてリハビリをしていた骨折のリハビリは今は手術をしたもの以外は自分でしなくてはなりません。
脳梗塞のリハビリでさえ半年の期限付きです。
また、健康保険では、痛みが出ているところしか治療は出来ません。
肩凝り、肩痛みの原因が手のひらの筋肉や胸の筋肉だったり、腰痛が首、腕、足だったとしてもその部分の治療は保険では出来ません。そんな制度に矛盾を感じ私は自費での治療の道を選択しました。
もし、これをお読みになり健康保険の治療を見直したい、健康保険の治療と併用して受けて見たい、または自費での治療をお考えでしたら私のところにご相談に来てください。
充分お話しを伺い、皆様に最善の治療法の選択、適切な医療機関のご紹介をさせて頂きます。どんな些細な事やこんな事訊いてもいいかなみたいな内容が皆様の症状を改善する
重要なヒントになります。
どうぞご遠慮なくお問い合わせ下さい。

きしもと整骨院 丸の内線中野富士見町3分腰痛、肩凝り、むち打ち、ギックリ腰、寝違え、慢性痛は自費治療です。保険治療は捻挫、打撲、脱臼、骨折(交通事故、労災は治療費無料)

丸ノ内線中野富士見町で、20年間五十肩、ヘルニア、脊柱管狭窄症の患者様を専門的治療させて頂いています。ぎっくり腰、肩凝り、テニス肘、膝が痛い、寝違い、シビレを筋膜リリースや整体治療を自費にて行っております。 東京メトロ丸ノ内線「中野富士見町駅」徒歩3分 交通事故、労災、損保、健康保険取扱(捻挫、肉離れ、打撲、脱臼、骨折のみ健康保険取扱い) 慢性痛の治療は自費負担です。 きしもと整骨院